PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鳥の劇場「剣を鍛える話 -故事新編より」

演劇祭公演第3弾!
3月末のリトルプレイヤーズシアターからもう1ヶ月以上が経ちましたが、
鳥取から「鳥の劇場」が話題作とともに高知にやってきます!



高知県立美術館舞台公演シリーズVOL.46
演劇祭KOCHI2008 特別参加作品

鳥の劇場「剣を鍛える話-故事新編より」

【原作】 魯迅
【翻訳】 竹内好
【演出】 中島諒人

【日時】 5月18日(日)  開場14:30 開演15:00 (終演後アフタートーク開催)
【会場】 高知県立美術館ホール
【入場料】 前売 2,000円/当日 2,500円 (全席自由)

※観劇ラリー指定完走作品、わくわくワンコイン対象作品ではありません。





【出演】
齊藤頼陽、中川玲奈、西堀慶、赤羽三郎、村上里美、葛岡由衣、増谷京子、三木美智代

【スタッフ】
舞台美術:中島諒人、照明:齋藤啓、音響:村上裕二、制作:中島佳子

【使用楽曲】
Intermezzo recitando(作曲 武中淳彦)
天台声明百字讃
中国で聞いた7つの歌‐無伴奏チェロのための(作曲 シェン)


【前売券取扱】
高知県立美術館ミュージアムショップ、高知県立県民文化ホール、高新プレイガイド、高知大丸プレイガイド、DUKE SHOP高知、高知市文化プラザミュージアムショップ、ローソンチケット(Lコード68456 ※ローソンチケットのみ県外店舗でも販売しています)

【作品紹介】
風刺と諧謔を凝らし、当時の中国社会を鋭く照射した魯迅の説話集「故事新編」。なかでも奇怪な展開で知られる「鋳剣」を、気鋭の演出家・中島諒人が舞台化しました。昨年12月に「BeSeTo演劇祭」の一環として東京・新国立劇場で初演、その後本拠地である「鳥の劇場」(鳥取市鹿野町)でも上演された話題作です。巧みなストーリーテリング、圧倒的な視覚的要素、ライブ演奏など、生の舞台ならではの魅力を存分にお楽しみ下さい。


☆無料託児サービス
託児をご希望の方は5月11日(日)までに高知県立美術館(088-866-8000)へお電話で仮予約をしてください。申込書をお送りいたします。なお本公演をご覧になられる方のご家族で、生後6ヶ月から就学前のお子さまに限らせていただきます。


【お問合せ】 高知県立美術館  088-866-8000

スポンサーサイト

| 演劇祭KOCHI2008 | 21:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kpan.blog87.fc2.com/tb.php/139-2e1875de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。