PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ポかリン記憶舎「夜奏」ご案内

今週末、高知県立美術館にてポかリン記憶舎による、和服美女空間「夜奏」の公演が行われます。
“ダンスと演劇のボーダーを漂うパフォーマンス・和服美美女空間”の新作初演公演です!

高知出身の演出家・明神慈さんの主宰する“ポかリン記憶舎”。
「地上3cmに浮かぶ楽園」を標に創作活動をしています。
2005年6月には美術館ホールにて演劇作品「短い声で」を“里帰り”公演。
演劇作品の他、今公演のようなパフォーマンス「和服美女空間」なども行っています。

また高知では年に数回のワークショップも開催しています。
「ポかメソッド」、「浴衣美人講座」など。
今年の演劇祭2007でも「くのいちへの道」と題して、ワークショップを開催していただきました。
今回は「舞台美術・空間のワークショップ」として、講師に杉山至氏・浅沼秀治氏を向かえ、今日明日と美術館中庭・創作室にて行われます。
(一日のみの参加も可能なので、明日参加したい方は美術館までお問合せください。)

ポかリン記憶舎舎長・明神慈さんと演会との縁は実は深いのです。
演会代表・西村の高校時代の先輩であり、
S.T.H.の俳優(天守物語の富姫役です)昌子さんは同級生。
舞台美術の井上浩輔さん(グリーンルーム)も同級生だとか。
そんな縁もあり、ワークショップを何度も開催してくださっています。

「天守物語」とは違った、観ている側もフワフワと浮かんでいるような気分になれる不思議な作品です。
みなさまも足を運んでみてはいかがでしょうか?


ポかリン記憶舎
和服美女空間「夜奏


【日 時】 11/2(土)18:30開場 19:00開演
11/3(土)18:00開場 18:30開演
11/4(日)18:00開場 18:30開演
☆3(土)は終演後、アフタートークを開催します。
出演は、舞踊批評家・志賀信夫氏とポかリン記憶舎舎長・明神慈氏です。
【会 場】高知県立美術館1階 第4展示室・回廊
【料 金】 (全席自由)一般前売2,000円、当日2,500円


以下は、高知新聞掲載記事





スポンサーサイト

| 演会からのお知らせ | 06:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kpan.blog87.fc2.com/tb.php/93-d3151663

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。